東京都社会保険労務士会 品川支部

TEL:03-6410-2653受付:9:00~17:00(土日祝祭日は除く)

支部概要

品川支部ご案内
支部名 東京都社会保険労務士会品川支部
所在地 〒141-0031 品川区西五反田2-12-15-304
電話 03-6410-2653
メール kumashiro@minnanozimusyo.com
支部長 鈴木 祐一郎

開業部会

<開業部会の抱負と今後の方針>
今年度より開業部会長を仰せつかりました、望月一男と申します。
開業部会では従来の事業であります、キャリア教育研究会と開業塾を情報提供や会員間の交流の場として開催致します。また社会保険労務士として開業まもない先生方が、クライアントからの依頼による代行業務における諸届式の作成、 給与計算・就業規則の作成、電子申請に即時対応できるよう基本的な実務研修を研修委員会や支部の諸先輩のお力をお借りしながら計画する予定です。
元厚生委員長の経験を生かし、厚生事業ともタイアップして支部内開業社会保険労務士の親睦を深める企画をしていきたいと思いますので宜しくお願い致します。

開業部会長 望月 一男

勤務等部会

<勤務等部会の抱負と今後の活動方針について>
前期に引き続き、勤務等部会長に就任しました成沢です。
私は、勤務等部会を「お互いの顔がわかる部会」にしたいと考えております。
なぜなら、近年、勤務社労士は、長時間労働の削減、メンタルヘルス、ダイバーシティなど個人の力では解決策を見つけることが難しい問題が多いにもかかわらず、社内で相談できる方が少ないと感じるからです。
勤務会員のみなさんは、業務等の都合等により、支部活動に参加しにくい方もいらっしゃると思います。また、支部活動には興味はあるが、知り合いが少ないため、参加する気になれないという方もいらっしゃることでしょう。
そこで、勤務等部会主催イベントの回数を増やし、会員同士のコミュニケーションの向上を図りたいと考えております。具体的には、今期の活動方針として、「勤務等部会主催イベント」を複数回開催し、会員同士が話し合える機会を増やします。また、毎年2回開催されている「臨海統括支部主催勤務等部会イベント」の告知を積極的に行うことで、他支部の勤務等会員とも情報交換できるきっかけをつくってまいります。
支部活動に参加することで、社労士同士だから話せる本音の話し合いや、公には語ることができない自社事例など、書籍やインターネット検索するだけでは得られない仲間同士のつながりや、タイムリーな知識や情報を共有できる場をご提供できると考えておりますので、お気軽にご参加いただければ幸いです。
これからも支部活動を盛り上げ、勤務登録をしていて良かったと会員のみなさんに思って頂けるような活動を推進してまいりますので、今後ともご協力くださいますようよろしくお願い申し上げます。

勤務等部会長 成沢 威満男

総務委員会

<総務委員会の抱負と今後の方針>
今期より品川支部総務委員長を務めます小島孝浩と申します。
初めての総務委員ということで不慣れなこともありますが、前委員長の笹川先生をはじめ、諸先輩方のご助言、ご指導を頂きながら、委員の皆さんと協力してしっかりとやっていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。
総務委員会の活動としましては、支部の活動や会計等について報告を行う定期支部会議や新年の賀詞交歓会の運営にたずさわっています。双方とも大事な行事であるだけでなく、会員間の交流の場でもあります。皆さんに「参加して良かった」と思っていただけるような行事運営を心掛けていきたいと思います。
また、今年度も新入会員の方を対象に、新入会員オリエンテーションの開催を予定しています。まずは品川支部の活動を知ってもらうのが目的ですが、品川支部の穏やかな雰囲気が伝わるようなオリエンテーションにしたいと思っておりますので、新入会員の方、他支部から移動してこられた方は、ぜひご参加ください。そしてその後、支部活動にスムーズに参加していただけるようになれば嬉しく思います。
その他に総務委員会では、名札(めいさつ)委員会を通して、品川労働基準監督署、品川公共職業安定所及び品川年金事務所に掲出している名札の整備、管理を行っています。今年度も新規掲出希望者の募集を行う予定でおりますので、後日あらためてご案内いたします。
総務委員会は行事の運営や委員会活動を通して会員の皆様の活動を下から支えていきたいと思っております。支部活動へのご理解と積極的なご参加をどうぞよろしくお願いいたします。

総務委員長 小島 孝浩

研修委員会

<研修委員会の抱負と今後の方針>
2期目の研修委員長を拝命しました大野知美と申します。

品川支部研修員会では、これまで「明日から実務で使える知識やスキルを習得する」ことをモットーに様々なテーマを取り上げ、研修を開催してまいりました。開業会員の皆様だけでなく、勤務等会員の皆様にも役立つようなテーマ設定を常に意識しています。
今期も、品川支部の独自色を出しつつ、参加いただいた皆様の実務に役立つ研修を開催してまいりたいと思います。尚、今期の研修委員会は13名での運営となります。3名の皆さんに新たに加わっていただき、大変心強いスタートを切りました。
さて、今期の活動ですが、支部の独自研修については5月に大盛況のうちに終えました。今後の開催については検討中です。また、臨海統括支部主催・品川支部担当研修については10月を予定しております。
臨海統括支部主催・港/大田支部担当研修についても品川支部の皆様もご参加可能ですので、積極的にご参加ください。その他に、労働法セミナーについては秋と来年2月頃に開催の予定です。
このように支部独自研修・統括支部主催研修を含めますと数多くの研修の開催がございます。他支部や勤務等部会等とスケジュールやテーマが重複しないよう調整しながら進めてまいります。
相次ぐ法改正や労務管理をめぐる世の中の最新動向を捉えていくためには、研修を通してのインプットが必須であると強く感じます。研修をご活用いただき、日々の業務へ是非お役立てください。尚、「こんなテーマで研修をしてほしい」、「こんな講師の話が聞いてみたい」などのご要望がございましたら、研修の際などにお声がけいただければ幸いです。会員の皆様の声を反映させるべく13名一丸となって取り組んでまいります。どうぞ宜しくお願い致します。

研修委員長 大野 知美

厚生委員会

<厚生委員会の抱負と今後の方針>
今期から厚生委員長を務めることとなりました深川淳です。
前委員長の望月先生を引き継ぎ、支部の先生方のご指導をいただきながら取り組んでまいる所存です。どうぞよろしくお願いいたします。
私は一昨年の秋、開業登録・品川支部入会の直後に、支部の管外研修旅行に参加しました。まだ支部の殆どの先生方と面識が無い状態であり、不安ななかでの参加でしたが、支部の先生方にとても温かく受け入れていただき、お酒の力も借りながら(笑)打ち解けることができました。それをきっかけにして、支部活動を通じて支部の各先生方といろいろとお話ができるようになり、業務の相談・アドバイスをいただいたり、開業して日が浅い私自身の仕事の状況を気にかけていただいたりというようになっていきました。
厚生委員長としてこれから厚生事業を企画・運営していくにあたり、私は自分自身のこのような経験をふまえ、ベテラン・中堅・新規を問わず皆様がレク活動を通じて笑顔でコミュニケーションをとり、親睦の輪を広げ、深めていける場をつくっていけたらと思っています。特に、新規入会の先生方が安心して支部に溶け込み、なおかつ定着していけるように、意識して取り組んでいきたいと思います。
特に開業社労士の場合、私もそうなのですがふだん業務の中でふと孤独を感じる局面が少なからずあると思います。私も気付くと、話しているのが顧問先と役所の担当者だけだったりという時間帯がしばしばあります。そして無性に同じ社労士どうしで気持ちや悩みを共有し、また仕事の相談やアドバイスをいただける欲求に駆られることがあります。そんな時に支部の会合に顔を出して支部の先生方とお会いして話をしていると、なんだかとてもホッと安心するようなことがよくあります。
厚生事業においては、自分自身のこのような気持ちを大事にしたいと思っています。厚生事業はレク活動、つまり遊びではあるのですが、遊びを通じた支部内の関係づくりは、必ずや後々業務で活きてくるものと信じております。
是非、「いいオトナの遊び」(笑)を通じて、ストレスを発散し、また明日への元気をつけて、各々の仕事のますますの発展につなげていきましょう!そして品川支部をより活気に満ちた支部にしてまいりましょう!そのためのお手伝いを少しでもできたらと思っております。
これから何かとお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

厚生委員長 深川 淳

広報委員会

<広報委員会の抱負と今後の方針>
今期より広報委員長を拝命しました熊代です。微力非才の身ではございますが、大任をお受けしたからには、誠心誠意、支部の発展のため職務に尽力いたす覚悟でございます。
さて、広報とは、PR(パブリックリレーションズ)の日本語訳で、直訳すると「社会の人々との関係」となりますが、ここで言う「関係」とは「信頼関係」という意味であり、そこから私が考える広報委員の役割は「社会の人々に社労士という存在を理解してもらい」「信頼関係を構築し」「社労士をもっと身近な存在にする」ということだと思っております。そういった活動において、多くの諸先輩方や若手の方々のお力をお借りする場面もあるかと存じますが、その際は温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。
また、臨海統括支部のHPのリニューアルも完了し、今まで以上に支部会員の皆様にとって利用しやすい情報提供の場としていけるよう尽力いたしますのでどうぞご期待くださいませ。

広報委員長 熊代 知也

労務監査委員会

<労務監査委員会の抱負と今後の方針>
前期に引き続き労務監査委員長に就任いたしました加藤丈統です。
労務監査委員会では、主に品川区の指定管理者を対象とした労働条件審査を行っています。
労働条件審査の内容について、全国社会保険労務士連合会のホームページには以下のとおり記載があります。
一般競争入札等により国又は地方自治体が行う公共事業の実施に関する委託を受けた企業について、労働基準法等の労働社会保険諸法令に基づく規程類・帳簿書類の整備状況を確認するとともに、その規程類・帳簿書類の内容のとおりの労働条件が確保され、労働者がいきいきと働くことができる職場になっているかを確認するものです。

URL:https://www.shakaihokenroumushi.jp/organization/tabid/271/Default.aspx

公共事業を委託された指定管理者の労働者の労働条件は、労働基準法はじめ労働諸法令が遵守されなけてばなりません。入札のために人件費を極端に低く抑えたり、コスト削減のために安全を怠ると、結果重大な事故につながりかねませんので、質の高い公共サービスのために労働条件が守られているか審査する必要があります。
労務監査委員会のミッションは、区民にとって質の高い公共サービスが継続的に提供できるよう、指定管理者の労働者の労働条件を、社会保険労務士の立場で客観的に評価・検証を行っていくことだと考えています。
また、今後、労働条件審査の対象となる指定管理者の数を増やしていきたいと考えておりますので、少しでもご興味のある社会保険労務士の方は当該ホームページより、お問い合わせ頂ければ幸いです。

労務監査委員長 加藤 丈統

リンクサイト

お問合せ・ご相談

東京都社会保険労務士会品川支部

代表の鈴木です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

TEL:03-6410-2653
受付時間:9:00~17:00(土日祝祭日は除く)
お問合せフォームはこちらへ